*

FGFの効果と副作用を知っていますか?

FGFのことを確認しました

 

FGFはグロースファクターの種類の一つです。正式な名称はヒト遺伝子組換ポリペプチド-11ですが、ちょっと前までヒトオリゴペプチド-13と言われていました。

グロースファクターというのは成長因子でもあり、すでに医療関係では美容関係に先駆けて再生医療に利用され結果をちゃんと出している信頼できる成分なんです。

 

成長因子とかグロースファクター、FGFといっても知らない人にとってはピンとこないものですよね。FGFとはどのような効果があるのでしょうか?

 

FGFの効果とは

FGFをはじめ成長因子は全部合わせると150種類以上あるということですが、150種類一つ一つに違った効果や働きがあるのです。FGFにある働きをわかりやすくいうと線維芽細胞を元気にすることです。

 

線維芽細胞というのは表皮のもっと奥にあります。そこにはコラーゲンやエラスチンというなじみ深い成分が存在。その場所が元気になるということはコラーゲンが増え、エラスチンが増えるということでもあります。

 

コラーゲンたちが増えてくれれば年齢が高くなってだんだん少なくなってきたコラーゲンが、また増えてハリが戻ってくるということですね。EGFは線維芽細胞のもっと上にある表皮細胞を元気にしFGFはもっと深いところを元気にするということです。

 

FGFの美容効果

 

FGFの美容効果について調べてみました。先に書いたようにFGF=ヒト遺伝子組換ポリペプチド-11は表皮の奥にある線維芽細胞を活性するので美容液などのスキンケアに配合されてると肌のハリが青王するなどアンチエイジング効果が期待できますね。

 

コラーゲン増殖の働きがあるのでコラーゲンを補充するスキンケアよりも細胞から生まれ変わることができます。再生医療では深い傷などの凹凸に注入して傷を修復させるために利用されています。美容クリニックでもニキビ跡や深いシワの改善にFGF注射が人気です。

 

ニキビ跡でもない傷ついてもいないけど加齢や紫外線のダメ―ジで衰えた線維芽細胞にFGFを浸透させると再生率は80%にもなると言われています。

 

ところで成長因子ってなに?

 

EGFもFGFも成長因子の仲間です。でも成長因子って一体何なのでしょうかね?もともとペプチドといいタンパク質に分類されます。人間の体内のあらゆる部分にそれぞれの働きをする成長因子が存在しています。

 

成長因子は人成長ホルモンも活性化します。しっかり働いてくれるといくつになっても細胞の成長を促進するので、年齢が高くなっても見た目が若いということになるんでアンチエイジングにも効果的ですね。

 

人成長ホルモンというと美容クリニックでの注射でも人気の若返りホルモンですね。わざわざ人成長ホルモンを注入しなくても成長因子で活性化させる方法のほうがコスパがいいはずです。

 

FGFの副作用は?

FGFの効果は大体わかりましたが、副作用などはあるのでしょうか?美容液などのスキンケアに配合される濃度では大きなトラブルや副作用の報告はありません。

 

美容クリニックでのFGF注射では注入の量が多すぎたり、体質によっては凹凸が出来たりしこりになってふくらむことがあります。

 

経験や知識の豊富なドクターに施術してもらうことが大切です。

 

>>>FGFを配合しているとうきのしずくのお試しはこちら

関連記事

no image

EGFの効果と副作用を知ってますか?

EGFとはどのような成分でしょう   EGFの正式な名称は「hEGF:Human

記事を読む

ドクターリセラのRecella Diva(リセラディーヴァ)でエイジングケア

  ドクターリセラRecella Diva(リ

とうきのしずく アットコスメの口コミで効果を確認

とうきのしずくアットコスメのクチコミ   2

とうきのしずく 目の下のたるみに使ったビフォーアフター画像

  ドクターリセラの集中美容液【透輝の滴】の評

とうきのしずく 自分で使ってみた感想と効果

自分で使って感じたこと   ドクターリセラの

とうきのしずくを購入して体験した人の口コミ

  とうきのしずくを体験した人の本音が知りたい!

→もっと見る

PAGE TOP ↑