*

とうきのしずくを使った50代女性の口コミ

公開日: : 最終更新日:2017/09/18 50代女性の口コミ , , , ,

%e3%81%bb%e3%81%86%e3%82%8c%e3%81%84%e7%b7%9a

 

50代になると普通のスキンケアを一生懸命やっても老化に追い付かなくなってきます。毎日それなりのスキンケアをしてるのに、ほうれい線や目の下のたるみはどうにもならないってことがないですか?

 

 

これまでのスキンケアで結果が出なくなった・・・そう感じた時に役だつのがドクターリセラの「透輝の滴とうきのしずく」です。他の美容成分では補うことができない細胞レベルのケアができます。

 

皮膚の細胞を若いころに近い状態に再生させる成長因子(グロースファクター)が配合されているからです。ヒアルロン酸、コラーゲンを補うだけの化粧品では間に合わなくなってきた50代のお肌を再生させる効果が期待できるそうです。

 

効果は本当なのか実際に陶器の滴を使った50代女性の口コミを集めてみました。

 

とうきのしずくを使った50代の口コミ

50歳を過ぎて、鏡を見るたびに肌のくすみや黒ずみが目だってきて全体的に肌のトーンが暗くなって気分も暗くなっ てましたが透輝の滴を使いだして、ある日気づいたら」肌が以前よりも白くなってきました。トーンも明るくなって
きたので使い続けて城島杏香さんのような透明感ある肌を目指します。
とうきのしずくを使い始めて約4か月。スーパーホワイトEXと併用で愛用しています。どちらもリセラの集中美容液なので値段的には高いですが若々しい状態をキープするには必要経費と思っています。最近になって子どもから「すっぴんでもファンデを付けてるようにきれいに見える」と言われたので効果があります。
これからは目の下のタルミやフェイスラインのリフトアップ効果を期待して使い続けます。

 

しっとりした使い心地で配合されている成分もアンチエイジング効果が期待できそうです。お値段の割に量が少なくてもう少し安かったらいいな~と思いますがまたリピートします。

 

とうきのしずくは年齢肌に効果を発揮

 

50代の年齢肌にとっては透輝のしずくで効果を感じているようですね。とうきのしすくは20代や30代の若い女性も購入し体験していますが若い方の口コミは意外に評価が低いようです。とうきのしずくのメインとなる美容成分「成長因子(グロースファクター)」は若いお肌にはまだ十分ありますので必要ないかもしれません。

%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e6%b8%9b%e5%b0%91%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95

 

上の図にあるようにグロースファクターはもともと誰のお肌にもあって40代以降急激に減少していきます。成長因子がすくなくなると皮膚の細胞が新しく生まれ変われなくなり老化現象が目立ってくるということです。美容液などで補えばヒアルロン酸やコラーゲンを自分の力で生みだすお肌に変わっていきます。

 

%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc

 

透輝の滴には成長因子を8種類も配合しています。成長因子(グロースファクター)を配合している美容液葉他にもありますが配合している種類は陶器の滴より少ないのにお値段は高めです。他の美容液よりも多く配合しているのにこのお値段は意外にリーズナブルでお得です。

 

まだ使ったことがない方はお試しスタートセットがあります。ドクターリセラの人気シリーズ「アクアヴィーナス」の基礎4点が一緒にお試しできるのでとてもお得なセットです。
透輝の滴(とうきのしずく)お試しセットはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

“>>>>ドクターリセラ初めての方はこちらから

>>>ドクターリオセラ会員の方はこちらから

 



関連記事

記事はありませんでした

とうきのしずくとスーパーホワイトエクストラの比較

ドクターリセラのエイジング美容液   ドクターリ

ドクターリセラのRecella Diva(リセラディーヴァ)でエイジングケア

  ドクターリセラRecella Diva(リ

とうきのしずく アットコスメの口コミで効果を確認

とうきのしずくアットコスメのクチコミ   2

とうきのしずく 目の下のたるみに使ったビフォーアフター画像

  ドクターリセラの集中美容液【透輝の滴】の評

とうきのしずく 自分で使ってみた感想と効果

自分で使って感じたこと   ドクターリセラの

→もっと見る

PAGE TOP ↑