トコフェノール(大豆)とは|とうきのしずくの成分

トコフェノール(大豆)とは

トコフェノールはビタミンEのことです。

ビタミンEにはビタミンCと同じように、肌が劣化していく原因の一つ活性酸素を除去してくれる働きがあります。

活性酸素を抑制する働きが発揮できれば、肌の衰えにブレーキをかけることを期待できます。

肌荒れ予防の働きもありますから、美肌になるにはとても頼りたい成分です。

トコフェノールを多く含む食べ物

トコフェノールはアーモンドや大豆、緑黄色野菜などの食物にたくさん含まれてます。

食べ物だけで十分な量を摂取するのがむつかしいならサプリメントを活用してもいいですね。

サプリメントや食べ物で摂取したビタミンEがお肌に直接届くわけではなく体の様々な部位に使われます。

肌に届けたいなら化粧品で直接塗ることも必要です。

トコフェノール(ビタミンE)の特徴

・血行促進
・肌荒れ予防
・抗酸化作用
・肌の生まれ変わりのサイクルの促進
・乾燥予防
・バリア機能アップ

トコフェノールの副作用

お肌の為に積極的に使いたいトコフェノールの副作用について調べてみました。

ビタミンEは油溶性の成分なのでサプリメントでは過剰摂取の副作用があります。

でも化粧品に配合されるトコフェノールは基準値が設定されてるので、副作用の心配は基本的にかなり少ないです。

特に透輝の滴に配合されている「トコフェノール」は大豆から抽出された天然ものを使っています。

肌には個人差があるので初めての使う場合は目立たないところでパッチテストをしておきましょう。

とうきのしずくを本格的に使う前に短期間のお試しで肌に合うか確かめることができますよ。お試しトライアルはお得な価格で購入できるキャンペーン中です。

⇒とうきのしずく10日間のお試しトライアルを見てみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする