まぶたのたるみにグロースファクター(成長因子)

まぶたのたるみは加齢のサイン?

まぶたがいつのまにかたるんで以前よりも目力がなくなっていませんか?あるいはまぶた全体がハリがなくなった・・・これは上のまぶたの皮膚のハリが低下し下がってくる、という加齢のサインです。

まぶたが下がってくるのはジワジワと進むので気が付いたときは目が小さく見える・・・なんとことになってしまいます。若いころのようなハリのある目元に戻せるものでしょうか?

上まぶたが下がるのはなぜ?

まぶたが下がる原因は皮膚の乾燥、コラーゲンやエラスチンの生成量の減少です。とくに目の周りの皮膚はかなり薄く皮脂腺も少ないのでちょっとしたダメージがすぐに表れやすい部分です。

さらにスマホやパソコンの見過ぎで血流が低下するので若くても瞼が下がることがあります。

乾燥や加齢だけでなく様々な影響をもろに受けてしまう、ということですね。しっかりスキンケアをしてるつもりでもすぐに水分が蒸発し乾燥しますし皮脂の分泌も少ないので油分不足にも陥りやすいです。

意識して水分と油分を補充しなければいけませんが限界があります。

まぶたの下がりを改善するには

まぶたのたるみを改善したい!その方法とはどんなものがあるのでしょうか?ネットの情報にはいろいろな改善策がありますね。例えば眼輪筋のエクササイズとか。顔にはたくさんの筋肉が張り巡らされています。目のまわりの筋肉は眼輪筋(がんりんきん)】といい目の周りのぐるりと取り囲んでいます。

この眼輪筋は若い時はしっかりしてますが加齢でゆるんでくるものです。この筋肉を鍛えながら、コラーゲンやエラスチンを増やすことが必要です。

コラーゲンやエラスチンを配合した化粧品を塗ればいいのか、というとそれでは増やすことは難しいと言われます。特にコラーゲンは分子量が大きいので浸透しにくい成分だからです。

グロースファクター(成長因子)で対応

まぶたのたるみを改善するには眼輪筋を鍛えながらコラーゲンやエラスチンを増やすというのが対応策の一つです。普通のスキンケアではコラーゲンを増やすことは難しいですがグロースファクターなら可能性が高まるでしょう。

グロースファクターは成長因子ともいい衰えた再生力を活性化させる働きがある成分です。この成長因子はどんな人も生まれつき持っておりエラスチン、コラーゲンの生成のサポートもします。

でもコラーゲンなどと同じように加齢で減少していくという現実は避けられません。

成長因子の働き

この成長因子を増やすことで肌細胞自体が若返りコラーゲン、ヒアルロン酸エラスチンなど肌のハリに影響を与える成分たちの増殖が可能になります。

これまでの補充するスキンケアを超え、自分の力で生み出すというスキンケアができます。自分の皮膚細胞が若いころの元気さに近づき自らコラーゲンなどの成分を生成することができるようになる、ということ。

この成長因子(グロースファクター)を配合している化粧品は色々ありますが、8種類という多くの成長因子を配合してる美容液といえばドクターリセラの【とうきのしずく】です。

透輝の滴には8種類のグロースファクターだけでなく、たくさんのエイジング成分が配合されていますのでいろんなパワーが期待できると評判です。

>>>とうきのしずくの体験談と口コミはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする